<第15課/Bài 15>「~ください」・「~させてください」Cho tôi ~

買物またはレストランで料理を注文するときに、ほしいものを伝えるために、「~ください」がよく使われます。ベトナム語では、それがどんなものなのか、類別詞という種類を区別する語があります。では、ほしいものをどうやって伝えれば良いのか、本課にてご紹介させていただきます。 「Cho tôi~」(~ください)構文👇 構文:   解説:上の構文で「~ください」という意味であります。本来は「cho

続きを読む

<第14課/Bài 14>「đã ~ chưa?」疑問文

前課では、相手の経験を尋ねる構文「đã từng~ chưa?」疑問文をご紹介させていただきましたが、 本課では、文法が若干似ている完了・未完了を尋ねるための「đã ~ chưa?」疑問文について学びましょう! 「đã ~ chưa?」(もう~しましたか?) 構文: 例文:  ① Anh đã ăn tối chưa?   (あなたもう夕飯食べましたか?)  ② Em đã no chưa?  (

続きを読む

<第12課/Bài 12>時制

英語には時制により規則・不規則に動詞が変化されますが、ベトナム語にはそういった心配がありません。ベトナム語で過去や未来等のことを表したい時には、どうすれば良いのか本課にて学んでいきましょう! ベトナム語の時制👇 今までご紹介させて頂いた構文はすべて現在形でした。ベトナム語では、日本語のように文章に何も加えなければ、基本的に現在形だと理解すれば良いです。 過去や未来等の意味を表すには

続きを読む

<第11課/Bài 11>よく使う質問文・疑問文②

第10課では「~có~không?」疑問文について学びました。本課には、その他によく使う疑問文の付加疑問文についてご紹介させていただきます。 「có phải là ~ không?」疑問文 構文:       解説:「phải」は正しいという意味であります。「có phải là ~không?」は日本語の「ですか?」といった物事に対して自分の意思が正しいかどうか確認したいときに使われます。 例

続きを読む

<第10課/Bài 10>よく会う質問・疑問文①「có~không?」

通常の会話では「~có~không?」の疑問文がよく使われます。第9課では、相手の状態や感想等を尋ねるために「~có~không?」の疑問文の使い方をご紹介させて頂きました。本課では、その他に使い方について詳しくご紹介させて頂きます。 基本の構文 例文: ① Thức ăn có ngon không?(料理は美味しいですか?) ② Anh có hiểu không?(あなたは理解しましたか?)

続きを読む

<第9課/Bài 9>状態や感想等を伝える

第8課では動作について話す構文を学びました。続いて今回は状態や感想等を伝えるための形容詞がある構文について学びましょう! 基本の構文 構文: 例文:  ① Tôi khỏe.   (私は元気です。)    ②  Tiếng Việt rất khó.   (ベトナム語はとても難しいです。) ※補語:この場合、補語は後ろにくる形容詞の連用形で、以後の用言の強調又は控えめのような使われ方です。例えば、

続きを読む

<第8課/Bài 8>動作について話す

第4課では動詞が含まれる基本の構文をご紹介させて頂きました。基本の構文は変わりませんが、本課では、さらに基本構文の詳細を学んでいきましょう! 基本の構文 例文:  ① Tôi đi Nhật Bản.   (私は日本へ行きます。)    ②  Anh ấy đến nhà của tôi.   (彼は私の家に来ます。)  ③ Chúng tôi ăn bữa tối cùng nhau.  (私た

続きを読む

<第7課/Bài 7>所有格

第6課では自己紹介について学びましたが、会話の中で相手の情報(名前や職業)について尋ねたい場合、どのように聞けばよいでしょうか。本課ではこのトピックについて勉強していきましょう。 よく使う所有格 「私の~、彼の~、この~、あの~」など、その後に続く名詞を修飾するものを所有格と言います。ベトナム語の所有格は、英語の所有格(mine、our等)と異なって単数複数による変化がありません。また日本語と比較

続きを読む

<第6課/Bài 6>自己紹介

第1課~5課では、ベトナム語の基本をご紹介させていただきました。これからは、実際に会話で使える基本フレーズをマスターしましょう! まずは、欠かせないベトナム語での自己紹介を学びましょう! 私は~です。 構文:    解説:「là」という動詞は、日本語で言うと「は」、英語でいうと”be動詞”と同じ意味で、主語と名詞がイコール関係であることを表します。主語の性別や単数複数の違い

続きを読む

<第5課/Bài 5>人称代名詞

前課にてベトナム語の構文は、基本的にシンプルで、時制や主語の単数複数や性別による動詞又は形容詞の変格活用はないとご紹介させて頂きました。しかしながら、注意点として書かせて頂いた通り、ベトナム語を話す際には、絶対に主語を省略してはいけません。そのために、会話する際にも、主語として必ず人称代名詞を入れて話しましょう! さて、その人称代名詞について詳しくご紹介させていただきます。 人称代名詞とは Wik

続きを読む