<第6課/Bài 6>自己紹介

第1課~5課では、ベトナム語の基本をご紹介させていただきました。これからは、実際に会話で使える基本フレーズをマスターしましょう! まずは、欠かせないベトナム語での自己紹介を学びましょう! 私は~です。 構文:    解説:「là」という動詞は、日本語で言うと「は」、英語でいうと”be動詞”と同じ意味で、主語と名詞がイコール関係であることを表します。主語の性別や単数複数の違い

続きを読む

<第5課/Bài 5>人称代名詞

前課にてベトナム語の構文は、基本的にシンプルで、時制や主語の単数複数や性別による動詞又は形容詞の変格活用はないとご紹介させて頂きました。しかしながら、注意点として書かせて頂いた通り、ベトナム語を話す際には、絶対に主語を省略してはいけません。そのために、会話する際にも、主語として必ず人称代名詞を入れて話しましょう! さて、その人称代名詞について詳しくご紹介させていただきます。 人称代名詞とは Wik

続きを読む

<第4課/Bài 4>語順②

前課には単語の構成を学びましたので、その続きで、ベトナム語の基本として文の語順をご紹介させていただきます。 基本の構文👇 ベトナム語は、他の言語と違って、時制や主語の単数複数や性別による動詞の変格活用はありません。下の基本の構文の通りに、単語を組み合わせると、簡単な文章ができてしまいます。 例: ① Tôi (私)      học(勉強する)   tiếng Việt (ベトナム

続きを読む

<第3課/Bài 3>語順①

単語の構成 ベトナム語は基本的に1音節で1語です。 音節とは、ひとまとまりの音として発音される単位のことで、下の図のような構造になっています。 図. 音節の構造 ※ベトナム語を書く際には、声調を基本的に母音の上に書きますので、上の図を頑張って覚えましょう! 一番要素の少ない語は母音1つの語で、他に以下のようなパータンがあります。 ô   (母音のみ)    意味:傘 ốm  (母音+未子音+声調)

続きを読む

<第2課/Bài 2>声調の区別

前課にてご紹介させて頂いたベトナム語に存在する29つの母音や子音以外に、”声調”がベトナム語の特徴となります。ベトナム語のマスターを目指すためには、必ず声調もマスターしていきましょう! 声調とは? 声調は簡単にいうと、音の高低の変化です。ベトナム語の声調は6種類あり、声調の多い言語であります。声調の多いことによって、日本語のように声調がない言語を使う方々にとってベトナム語勉

続きを読む

<第1課/Bài 1>文字や発音

ベトナム語勉強これからをはじめましょう! ご存じの方もいるかと思いますが、ベトナムでは、 西暦前217年から980年までの間に中国による植民地化の繰り返しによって、ベトナム語は一部中国由来の言葉が混ざっています。そのため、ベトナム語の中でも純ベトナム語(từ thuần việt)や中国由来の漢越語(từ Hán Việt)が存在しています。 漢越語の発音は、基本的に中国語に近いので、中国由来の日

続きを読む